MENU

花のサブスク(定期便)はどれがおすすめ?主要サービスを徹底比較

花のサブスク(定期便)はどれがおすすめ?主要サービスを徹底比較

素敵な花が定期的に届く、花のサブスク

近年、在宅ワークが普及し、家にいる時間が増えた人も多いでしょう。

花のサブスクはとくに「家にいる時間が長い人」におすすめのサービスです。

きれいな花は置くだけで、空間を華やかに彩ってくれます。

そこで本記事では、おすすめの花のサブスク(定期便)を紹介します。

花のサブスクの選び方や、花のサブスクに関する質問にも回答するので、ぜひ参考にしてください。

花のサブスクを利用し、日常に「癒し」を取り入れましょう。

目次
サブスクラブ
月額サービスを紹介するサイト
「サブスクラブ」は、あらゆるジャンルの月額サービスを紹介するサイトです。サブスクリプションに迷った読者の道しるべになれたら幸いです。

花のサブスク(定期便)の選び方を紹介 

花のサブスク(定期便)には、さまざまなサービスがあります。

ここでは、花のサブスクを選ぶ際の以下のポイントを紹介します。

料金で選ぶ 

料金で選ぶ

花のサブスクは継続的に利用するサービスのため、ムリなく続けられる料金のサービスを選びましょう。

基本的に、花のボリュームによって料金が変わります。

花のボリュームは、少ないもので1〜2本です。

ボリュームの少ないプランは、1回約500円から購入できます。

購入前に飾る場所をイメージし、花のボリュームを考えましょう。

まず試してみたい人は、リーズナブルなプランからはじめてみるのがおすすめです。

また、料金に送料が含まれているかを必ず確認しましょう。

なかには送料が含まれておらず、別途必要になる場合があります

たとえば「ブルーミー」のリッチプランでは、毎回550円の送料がかかります。

サービスによっては、沖縄や北海道などは別途費用がかかるケースもあるので、料金に送料が含まれているサービスがおすすめです。

配達方法で選ぶ

配達方法で選ぶ

花のサブスクの主な配達方法は「ポスト投函」と「対面配達」です。

それぞれ以下のメリット・デメリットがあります。

スクロールできます
配達方法メリットデメリット
ポスト投函・留守の時でも受け取りやすい
・送料が安い
・花が傷みやすい
・ポストに入らないサイズは受け取れない
対面配達・手渡しのため、花が傷みにくい
・どのようなサイズの花も受け取りやすい
・留守の時は受け取れない
・再配達の場合は、花が傷みやすい

上記の配達方法のほかに「店舗受け取り」が可能なサービスもあります。

店舗受け取りなら、好きなタイミングで近くの店舗で受け取れるので、非常に便利です。

しかし、店舗受け取りを行っているサービスは多くありません。

サブスクをはじめる前に、自分に合った配達方法を確認してから購入しましょう。

花のプランで選ぶ 

花のプランで選ぶ

花のサブスクは、毎回季節に合った花を届けてくれるのが一般的です。

しかしどのような花が届くかは、サービスやプランによって異なります。

多くのサービスの公式サイトには、プランに含まれる花の写真が掲載されています。

プランを選ぶときは、好みの花があるかチェックしましょう。

また、飾る部屋の雰囲気に合っているプランを選ぶのがおすすめです。

「どのような色味の花が合うか」「花の大きさはどれくらいがいいか」など、具体的にイメージしましょう。

イメージがはっきりすると、自分に合ったプランを見つけやすくなります。

解約のしやすさで選ぶ 

解約のしやすさで選ぶ

花のサブスクは、決まった周期でお花が届く定期契約が多いです。

ただサービスによっては、契約の期間内だと解約料がかかる「縛り」があります

そのため購入する前に、1年間や半年など「契約期間の縛り」がないか確認しましょう。

「サービス内容が合わない」「経済的に続けられない」などの理由で、サービスを解約することもあるでしょう。

いつでも解約できるよう、縛りのないサービスがおすすめです。

また、配達をスキップ(休止)するサービスがあるかもチェックしましょう。

旅行や出張などで長期的に家を空けるときに、スキップできるサービスがあれば安心です。

花のサブスク(定期便)おすすめサービスを比較 

花のサブスク(定期便)のおすすめサービスを紹介します。

ここでは以下5つのサービスを比較します。

スクロールできます
サービス名運営会社プランの数料金(税込)配達方法解約の縛り
ハナノヒ日比谷花壇6月額1,085円〜店舗受け取り(宅配はなし)なし
ブルーミーユーザーライク株式会社3550円/回 + 送料275円〜ポスト投函あり(最低4回)
HitoHana(ひとはな)Beer and Tech51,320円/回〜宅配なし
medelu(メデル)hanami10698円/回〜ポスト投函 / 宅配なし
ピュアフラワー株式会社ピュアフラワーFC1月額1,900円専門スタッフが配達なし
花のサブスクのおすすめサービス

ハナノヒ 日比谷花壇  

ハナノヒは、アプリで簡単に花を受け取れるサービスです。

使い方は、アプリ上で花を購入し、店舗でQRコードをかざすだけです。

アプリ上で支払いを済ませられるので、店舗でスムーズに受け取れます。

都合のいいタイミングで受け取りに行けるので、留守が多い人でも安心です。

ただ、店舗受け取りだけのため、宅配には対応していません

ハナノヒでは以下6種類のプランを用意しています。

スクロールできます
プラン名内容料金(税込)
ココハナプラン月6回まで1回1本 対象の切り花から選べる1,085円
イクハナプラン毎日1本 対象の切り花から選べる2,185円
ツムハナプラン月6回、1回990円まで好きな切り花が選び放題2,955円
サクハナプラン月6回、1回1,430円まで好きな切り花が選び放題4,385円
ハナハナプラン月6回、1回3,300円まで好きな切り花が選び放題9,665円
イコーハナヤプラン月6回、1回6,600円まで好きな切り花が選び放題17,465円

店舗は北海道から九州まで、全国に展開しています。

東京都内だけで36店舗を構え、自宅近くの店舗から受け取りが可能です。

もし近所に店舗がない人は、同じ会社が運営するもうひとつのサービス「ハナノヒ 365days」がおすすめです。

ハナノヒ 365daysは、毎月宅配便で家まで花を届けてくれます。

家の近くに店舗があり、店舗で受け取りたい方はアプリ版の「ハナノヒ」、宅配を希望する方は「ハナノヒ 365days」を選ぶといいでしょう。

口コミでは「お得な価格」「店舗で受け取れる」点が好評です。

ブルーミー(bloomee)

ブルーミーは、ポスト投函で気軽に花を受け取れるサービスです。

ポスト投函は、花へのダメージが気になりますが、ブルーミーでは以下の取り組みを行っています。

  • 花を守る専用パッケージ
  • 鮮度を守るたっぷりの水分
  • 無料の品質保証

丈夫さと通気性にこだわったパッケージを採用し、花へのダメージを減らします。

また、根元にたっぷりの水分を含ませて配送するため、ポスト投函から時間が経っても安心です。

万が一、花に元気がなければ、無料で新しい花を再送してくれる保証もついています。

ブルーミーのプランは以下の3種類です。

スクロールできます
プラン名花の本数料金(税込)
体験プラン3本550円+送料275円/回
レギュラープラン4本以上880円+送料385円/回
リッチプラン8本以上1,980円+送料550円/回
(2022年7月現在)

少し割高になりますが、定期購入ではなく、1度だけの購入も可能です。

たとえば、レギュラープランの定期購入は880円 + 送料ですが、1回購入の場合は1,200円 + 送料となります。

口コミでは「ポスト投函は、忙しくても受け取れるから便利」という声が多く挙がっています。

HitoHana(ひとはな)

HitoHana(ひとはな)は、20万人以上が登録する人気のフラワーデリバリーサービスです。

HitoHanaは「5つのボリューム」「7カラー」から、自由にカスタマイズできる点が特徴です。

以下の5つの中から選び、ボリュームによって料金が変わります。

スクロールできます
ボリューム花の本数と長さ料金(税込)
Lite4~6本 約15cm1,320円/回
S4~9本 約25cm1,980円/回
M7~11本 約25cm2,640円/回
L10~15本 約35cm3,850円/回
LL13~20本 約35cm4,950円/回

ボリュームを選んだら、以下の7つの選択肢からカラーを選びます。

カラーによる値段の変動はありません。

  1. おまかせ
  2. ピンク
  3. レッド
  4. ブラウン
  5. ブルー&パープル
  6. イエロー&オレンジ
  7. ホワイト&グリーン

ボリュームとカラーのカスタマイズは、毎回変更することが可能です。

また、配達の頻度は「毎週」「2週間ごと」「毎月」から選べます。

口コミでは「毎週届くのが楽しみ」「カラーを選べる点がいい」という声が挙がっています。

medelu(メデル)

創業100年以上と歴史のある花の定期便サービス「medelu」。

medeluでは、ほかのサービスと比べ約30〜50倍の「年間で約5,000種類」の花を取り扱っています。

プランも豊富に用意され、以下の10種類から選べます。

スクロールできます
コースボリューム花の本数と長さ料金特徴
ANYROOMMini
Lite
Lite+
Basic
3~4本 約23cm
5~6本 約30~40cm
5~7本 約40cm
6~9本 約49cm
698円/回
1,240円/回
1,540円/回
2,178円/回
さまざまな花を楽しみたい人におすすめ
MODERNLite
Lite+
Basic
5~6本 約30~40cm
5~7本 約40cm
6~9本 約49cm
1,570円/回
1,870円/回
2,508円/回
シンプルな部屋におすすめ
NATURALLite
Lite+
Basic
5~6本 約30~40cm
5~7本 約40cm
6~9本 約49cm
1,240円/回
1,540円/回
2,178円/回
ナチュラルな部屋におすすめ

ボリュームの大きさによって宅配方法が変わります。

MiniとLiteはポスト投函が可能ですが、Lite+とBasicは手渡しや宅配ボックス、または置き配です。

medeluでは、生産者と市場から直接仕入れたお花を発送しています。

また、同封されている栄養剤を使うことで、より長く新鮮な花を楽しむことが可能です。

口コミでは「不在時でも受け取れる」「丁寧な気配り」が好評です。

medelu(メデル) – お花と一緒の潤いのある暮らし

ピュアフラワー 

新鮮な花をリーズナブルな価格で購入できる「ピュアフラワー」。

なかには月額3,000円を超えるサービスもありますが、ピュアフラワーは月額1,900円でボリュームのある花束が届きます。

ピュアフラワー最大の特徴は、宅配業者を使わず、スタッフが家まで配達してくれる点です。

一般の宅配業者は花の扱いが専門ではないため、配送途中で花を傷めてしまうことがあります

その点ピュアフラワーなら、専門スタッフが丁寧に配送してくれるので安心です。

留守の際は、指定の場所に置き配も可能です。

ピュアフラワーは、ひとつのプランのみで、1回950円の花束を月2回配達します。

リーズナブルな価格なのに、送料が無料なのも嬉しいポイントです。

口コミでは「ボリュームが多く、満足」という声が多く挙がっています。

【タイプ別】おすすめの花サブスク(定期便)はどれ?

ここでは、タイプ別におすすめの花のサブスク(定期便)を紹介します。

料金が手軽なサービス

初めて花のサブスクを購入する人は、どれがいいのかわからないと感じる方も多いでしょう。

まずは料金が安く、気軽にはじめられるサービスがおすすめです。

以下4つのサービスは、どれも1,500円以下ではじめられる手軽なプランとなっています。

スクロールできます
サービスプラン花の本数料金(2022年7月現在)
ブルーミー体験プラン3本550円+送料275円/回
hanamekuライトプラン3〜4本858円/回
HitoHanaLite4〜6本1,320円/回
medeluANYROOM COURSE Mini3〜4本698円/回

ブルーミーは、550円(+送料)でお試しができるリーズナブルな体験プランを用意しています。

さらにポスト投函なので、留守が多い人でも気軽に受け取れます。

hanamekuのライトプランも、ポスト投函が可能です。

HitoHanaのLiteは、好みのカラーを7種類からカスタマイズできる点が特徴です。

medeluのANYROOM COURSE Miniは、どのような部屋にもマッチするデザインとなっています。

花にこだわったサービス 

花の質や鮮度にこだわりたい人は、以下のサービスがおすすめです。

「霽れと褻」は、注文後に採花をし、その日のうちに発送するため、新鮮な花が届きます。

また、花の豆知識を学べる「花新聞」を配布するサービスも魅力のひとつです。

花の知識だけでなく、生産者の話や花の素敵な飾り方など、花のある生活をより楽しむための情報が盛り込まれています。

「LIFFT」は流通過程をシンプルにし、花の鮮度そのままに速やかな配達を実現しました。

花のケア方法や飾り方についてのコラムが掲載された「ジャーナル」が付いてくるコースも用意されています。

直接手渡しで受け取れるサービス 

手渡しの利点は傷みにくく、ポストに入らないサイズの花を受け取れることです。

以下3つのサービスはポスト投函ではなく、直接手渡しで受け取れるサービスです。

ピュアフラワーは宅配便ではなく、スタッフが自宅まで届けるサービスです。

花を扱うプロが細心の注意を払って届けてくれるので、安心して受け取れます。

ハナノヒは、店舗受け取りとなります。

近くの店舗に、都合のいいタイミングで受け取りに行ける点が特徴です。

HitoHanaはポスト投函ではなく、専用ボックスに入れて宅配便として送られます。

花のサブスク(定期便)に関するよくある質問と回答 

花のサブスク(定期便)の購入を検討する際は、以下の質問をおさえておきましょう。

一輪だけ受け取ることはできる? 

花のサブスクでは、花束ではなく一輪だけ受け取ることも可能です。

「ハナノヒ」では、以下の2つのプランを用意しています。

  1. ココハナプラン:月6回まで1回1本の配達
  2. イクハナプラン:毎日1本の配達

配達の頻度が異なるため、自分にあったプランを選びましょう。

また、一輪だけではないものの、「HitoHana」は2〜4本のプラン(Lite)を用意しています。

ボリュームのある花束より、少ない本数の花を楽しみたい人におすすめです。

切り花と鉢植えはどっちがいい?

自宅に花を飾る場合、主に「切り花」と「鉢植え」の2つの方法があります。

切り花は、花瓶に水を入れて花を飾ります。

鉢植えは、鉢に土を入れ、毎日水をあげる方法です。

それぞれ以下のメリット・デメリットがあります。

スクロールできます
方法メリットデメリット
切り花・どこにでも飾れる・水を変える手間がかかる
・長持ちしない
鉢植え・給水するだけでよく、水を変える手間がかからない
・長持ちする
・土が入っているため、室内を汚す可能性がある

花のサブスクでは、切り花として配送される場合がほとんどです。

室内インテリアとして気軽に飾りたい人は切り花、玄関や庭などに飾る場合は鉢植えがおすすめです。

花を長持ちさせるためには?

花を長持ちさせるために、以下のポイントをおさえましょう。

  1. 水を毎日替える
  2. 余分な葉を取り除く 
  3. 茎の根元1~2cmを斜めにカットする 
  4. 花瓶を清潔に保つ

余分な葉っぱとは「枯れている葉」や「水に浸かってしまう葉っぱ」です。

葉っぱが水に浸かると腐りやすくなるため、取り除いたほうが長持ちします。

また、茎の断面を斜めにカットすることで、水を吸い上げる断面が大きくなります。

さらに、毎日水を変えることはもちろんですが、その際に花瓶も洗いましょう。

花瓶が汚いと、花が水を吸い上げる際に、汚れや菌も一緒に吸い込んでしまいます。

そのため、花瓶を清潔に保つことも、花を長持ちさせるために大切です。

花のサブスクまとめ

本記事は、花のサブスク(定期便)について紹介しました。

さまざまなサービスやプランがある花のサブスク。

花のサブスクを選ぶ際は、以下の項目を参考にしてください。

花のサブスクの選び方
  • 料金で選ぶ
  • 配達方法で選ぶ
  • 花のプランで選ぶ
  • 解約のしやすさで選ぶ

花のサブスクを利用し、おうち時間を彩りましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社makuriのアバター 株式会社makuri 代表取締役

「サブスクラブ」は、あらゆるジャンルの月額サービスを紹介するサイトです。サブスクリプションに迷った読者の道しるべになれたら幸いです。

コメント

コメントする

目次